時間の森工房 いいづか ゆき

 

「私にも編めた!」と言えるようになる編み物教室を

さいたま市近郊でやっています。

 

 

私の母は、華道 草月流の師範で、今も実家で教室をやっています。

日本橋高島屋などの華展の時には、私も同行して生け込みの手伝いをしていました。

絵や裁縫、編み物も上手いので、私が手芸を嗜み、教室をやることは自然なことだったのかもしれません。

 

私は幼少の頃から、何か作るのが大好きで、友達へのプレゼントは必ず手作りでした。

フェルトを縫ってマスコットを作ったりもしました。

かぎ針編みは母から教えてもらい、やたらと鎖編みをして、紐ばかり作っていましたね〜。

この頃、小学生向けの雑誌にネット編みの三角ストールが載っていて、朱色の毛糸で編んでみたのですが、なんだか上手く三角にならなかった気が・・・

結局、この時は編み物にははまりませんでした。

外で遊ぶのも好きで、鉄棒やソフトボール、バトミントン、ゴム跳びなどよくやっていました。

 

高校生の時、編み物が流行りまして。

棒針編みは友人に教えてもらいました。

そこで、編み物にハマってしまいました!

最初はマフラーばかり編んでいました。

そのあとの経緯はよく覚えてないのですが、中細毛糸で5本指の手袋をいくつも編んで、人にあげてましたね。

テストの前とかに徹夜で編むんです、笑。

2晩徹夜すると、手袋が1人分編めるんですよ!

今から思えば、親友が私に5本指の手袋を編んでくれたんです。

それで、手袋って編めるんだ〜と思って編み始めた気がします。

編み込みはできなかったので、編みあがった手袋の甲に虹を刺繍したりしてました。

 

短大に入ってから、着るものを編むようになりました。

自分で考えたデザインや絵柄で編み込みもしてました。

確か、ペンギンだった・・・

自分のものを編んだり、友人のものを編んだり。

 

短大を卒業する頃になると、どうも本の通りのサイズに編めないということに悩むようになりまして。

どこかでちゃんと習いたいなあと思ってました。

それで、就職したら、自分のお金で、夜間でどこかで習おうと思いました。

しかし、入社した会社が忙しく、夜間も無理だし、土日も仕事があったりする状況で、とてもお教室には行けませんでした。

 

つづく

 

 

 

<いいづか ゆき のこと>

性格:温厚、ざっくり

趣味:編み物、手芸

好きなこと:パズル、寝る、空を見る

好きな色:きいろ

好きな動物:ひよこ、パンダ、犬

好きな食べ物:いちご、うどん

嫌いな食べ物:そのままの干しぶどう

欲しいもの:どこでもドア、グルメテーブル掛け

習い事:空手仮2級

座右の銘:やるしかない

 

 

 

 

ヴォーグ編み物指導者養成校卒

 日本手芸普及協会 手編み・機械編み指導者資格取得

 

(株)メルローズ

PINK HOUSE・INGEBORG

 ニット企画に24年携わるが退社

 

現在は編み物教室を中心に、作品製作、キット販売など

編み物の楽しさを広める活動をしています。

 

 

 

お教室

 時間の森工房 北浦和教室

 日本ヴォーグ社 手づくりroom (イオン北浦和店)

 よみうりカルチャー浦和

 

ワークショップ

 日本橋三越本店 新館8F TIlda & Friends